a bit bite of new york



サンライズからはじまる毎日のサプライズ。

ちょっとしたことを、
ちゃんとしたものに。

そんな小さな出逢いをニューヨークよりお届けします。


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -
ガールズトークは週末ブランチで。
 

ようやくニューヨークも春めいてきて、
先週は毎日がお天気マークで、洋服も春コートに衣替え。
そうもなると、動きだすのがニューヨーカーです。

週末には “spring garden brunch”のお誘いがあり、
猫好き女子の3人が集まってwest village でブランチ。
気持ちがいいからガーデンで!のはずだったのに、
その日はどこもかしこも冬眠から覚めたニューヨーカーで
ごったがえしていたので、やむなく店内の窓際席での食事だった。

レストランは、地中海やフレンチなどがミックスされた
「Tarte Flambe」というアルザス風の
薄焼きピザがおいしくて有名らしいのだけれど、
ブランチメニューにはそのピザがなかったので
Tarte Flambeのブランチバージョン、Eggs en Cocotteのアルザス風をオーダー。
アルザスのほかにはスイス、ローマ、アンダルシアと、
違う食材でそれぞれの地方の卵ココットがあった。
卵好きの人にはブランチのほうがオススメです。

そして、そのオニオンココット!
あまりのおいしさにぶっ倒れそうになるほど、
オニオンのまろやかな甘さがヘブン!だった。
やはり、オニオンは野菜の王様ですね。

そこで、アンダルシアを選んだけれど、アルザスのほうがおいしい!
と言っていたグルメ上海女子とアルザスレシピを考えていた結果、
大量の薄切りオニオンをバターでじっくりゆっくりcaramelize して、
(caramelize=カラメルみたいに焦げ目がつくまで煮詰めること)
そのうえに炒めたベーコン、クリーム・フレッシュ(生クリーム)、
卵をふたつほど割り入れてオーブンに入れるのではないかと。
あまりのおいしさに次の日も食べたくなってしまい、
サンデーブランチに作ってみたら、
とてもおいしくできて大満足だった。

いやぁ、それにしても、同世代女子が集まると会話も刺激的です。

ガールズトークによると、どうやら友だちの知り合いは
craigslist(各都市の情報満載なコミュニティサイト)で
SMお遊びの相手を探した!らしく、
しかもエッチな方ではなく食べ物でのプレイ!だそうで、
そのS女さん(40代アジア系女性)がM男さんに
搾りたてフルーツジュースをもってきてちょーだいっ!と言うと、
へーこらなM男さんはきちんと指示されたフルーツを買って搾って、
ジュースにして家までもってきてくれるらしい!のだ。もちろんタダで。(いいなー。はは!)
そしてそのお遊びには、数百件もの応募があったというのもぴっくり。
“Asian Woman”(アジア系女)に弱いM男さんたちがニューヨークにはわんさかいるのですね。
何人ものM男たちの中から、S女さんとの面接を繰り返し勝ち抜いていった
このフルーツジュースのM男さん。その根気ある長いプロセスにも感心です。

そんなプレイトークのあとには、iphoneアプリでもひと盛り上がり。
話によると、Grindrというゲイ御用達出会い系アプリがあるのだそうで、
それを使ってGPSでお近くのゲイ友を探すことができ、
出会ったり、おしゃべりしたり、grindしたり(うひゃ!)、
まぁ仲良く過ごすためのものがあるそうなんだと。
ちょうどそのときワシントンパークでごろりんこしていたわたしたちは、
きゃっきゃしながら勢いづいてそのアプリをダウンロードして、
プロフィールなどの情報はいっさい作らず、どんなものかと覗いてみた。
すると、たーくさんのゲイのみなさんの顔写真もしくは裸写真!まで、
よりどりみどりにずらーり。
中には、まったくゲイにみえない極上ハンサムくんもいたりして。
とはいっても、GPSで探せるアプリなので、
その顔ぶれは直径100メートル範囲内にはいるということ・・
ついジロジロと公園にいる自分たちのまわりのメンズをみては、
クスクスと笑いながらもかがんでしまったチキンなわたしたちであった。

バーチャルの世界には、さまざまな出会いがリアルに存在しているのですね。
オニオンのおいしさとともに、2010を感じた週末ブランチでした。

〈アルザス風卵ココット〉(ふたり分)

たまねぎ (薄切り)                       2こ
ベーコン(またはハム)         2枚
卵                   2こ
クリーム・フレッシュ(生クリーム)   少々

バター                 大1
塩                   少々
こしょう                少々

1. フライパンにバターを熱して、中火でたまねぎを炒める。このとき、塩をふる。
2. 1に油がまわったら弱火にして、それからじっくりゆっくりたまねぎが茶色くなるまで炒める。
3. ほかのフライパンにバター(分量外)を熱してベーコンを炒める。
4. ココット皿にたまねぎとベーコンを入れて、卵をひとつずつ割り落とす。
5. 4のうえにクリーム・フレッシュをまわしかけ、250℃のオーブンで10分ほど焼いたらできあがり。

 +フレンチ : comments(2)
食べっぱなしの日々


イベントつづきの師走は、贅沢なのはわかっていても、
ここぞとばかりにおいしいものをたっぷりと食べたくなります。

ポークにチキンにシーフードにパスタ。(パスタはダンナしゃん担当)
オリーブオイルにバター、生クリームにトマトソース。

どんどんと太ってゆくー、と思いながらも、
12月は仕方ないよねー、と諦めて、
その食べっぷりは、お正月へとつづくのであります。

〈グリルチキンのクリームトマトソース〉(→最後の写真)

チキン(骨付きもも肉)     2本

a.
白ワイン            大1
オリーブオイル         大1
おろしニンニク         1片
ディジョンマスタード      大1
タイム             3枝
塩・こしょう          適量

b.
たまねぎ            1/2こ
塩               少々
トマト缶            100g
白ワイン            少々
うずら豆(水煮缶)       100g
さやいんげん(軽く塩ゆで)   10本ほど

生クリーム           少々
パルメジャーノ・レジャーノ   少々

1. チキンを a. と混ぜ合わせて、40分から1時間ほどマリネする。
2. 1 が終わったら、鉄のフライパン(あれば)で強火にかけて両面を焼く。
3. 2 のチキンにこげ目がついたら、フライパンごとオーブンに入れて火を通す。
4. b を別のフライパンでリスト順に炒め合わせる。
5. 3 のチキンをお皿にとりだし、フライパンの焦げと焼き汁にbを加えて火を通す。
6. 5 に生クリームを加えたらチキンの上にまわしかけ、パルメジャーノをふったらできあがり。


 +フレンチ : comments(2)
ローストプチトマトのカナッペ
 

赤、黄、オレンジにブラウン!のプチトマトは、
色がかわいいので、みつけるとつい買ってしまう。

きのうは、ローストプチトマト&オニオンを作ってみた。
はじめはこれをブレンダーにかけて、
トマトスープにしようと思ったのだけれど、
おいしいチェバッタブレッドがあったので、
気分変わってそのままパンにのせて食べることに。
もちろん、そのまま食べてもおいしかったです。

〈ローストプチトマト&オニオン〉

プチトマト     10こ(半分に)
たまねぎ      1こ(千切り)
にんにく      5片(皮をむく)

タイム       2、3本
塩・こしょう    少々 
exオリーブオイル  大1〜2
イタリアンパセリ  少々

1. プチトマト、たまねぎ、にんにく、タイムのすべてをオーブンプレートに入れる。
2. 1にオリーブオイルと塩・こしょうをふって、ざっくり混ぜ合わせる。
3. 2を350°F(約180℃)のオーブンで20分ほど焼く。
4. 最後にイタリアンパセリを散りばめて、パンのうえにのせたらできあがり。

 +フレンチ : comments(2)
ポーギーのフレンチ風ムニエル
 

まだまだポーギー料理はつづいておりまして、
この日は、フレンチ風ムニエルを食べました。

それにしても、アメリカの魚介類は頭を切り落とされてしまうことがほんとうに多い。

釣りに行った時も、スタッフの人が魚をその場で捌いてくれるサービスがあったのだけれど、
アメリカ人のみんなは、頭なし、中骨なしのすっきりしたフィレだけをお持ち帰り。
頭や骨のことなど、余計なものとしか思っていないようなのです。

後々、そんな彼らを小馬鹿にしたポルトガル人のおじちゃまが、
「アメリカ人は、ほんとうに魚のことわかってないよねぇ」と
わたしたちアジア人に向かってひそひそ話。
魚を食べる国の人たちの間で妙な友情が生まれていました。

そして先日もWhole Foods でえびを買おうとしたら、
その日のえびはすべて頭なし。
ブイヤベースに頭のないえびをみるのもさみしいものです。

魚の頭を食べると頭がよくなるよ!と言えば、
アメリカ人も食べるようになるのかしら。

〈ポーギーのムニエル〉

ポーギー(フィレ)  2、3枚
エシャロット     1こ
にんにく       1片
イタリアンパセリ   大1
トマト        半分
タイム        少々

バター        大3〜4
オリーブオイル    少々
白ワイン       大1
塩・こしょう     少々
小麦粉        少々

1. ポーギーは水気を切って、塩、こしょう、小麦粉をまぶす。
2. フライパンにバターとオリーブオイルを入れて1を焼き、焦げめがついたらとりだす。
3. 同じフライパンに、エシャロット、にんにく、パセリ、トマト、タイムを入れて炒める。
4. 3に塩・こしょう、白ワイン(+水を少々)を加えて3分ほど煮る。
5. 4を2にまわしかけたらできあがり。

 +フレンチ : comments(2)
French 101 : omelette


最近はすっかりバターの魅力というか、魔力に魅せられています。

こちらは、シンプルなフレンチオムレツのおいしさに
はなはだ感動した日曜の朝ごはん。

バターと卵とミルクと塩こしょうだけなのに、
こんなにも口の中と心がとろけるなんて!
ケチャップなどまったく必要ありませんのね。

レシピはこちら。
ジュリア・チャイルドのオムレツ・レッスンです。
愛嬌のある話し方もかわいいし、料理もかなり豪快でワイルド。
アメリカ人らしい大ざっぱなカノジョが素敵ですよ。
http://www.youtube.com/watch?v=LWmvfUKwBrg
 +フレンチ : comments(0)
french onion soup


たまねぎをバターでじっくり炒めるときの香りはどこかほっとして落ち着きます。
でも時間がかかるので、最近は我が家のオニオンマスターに頼んでいます。ハハ。


フレンチオニオンスープのレシピはさまざま。
白ワインを入れたり、赤ワインだったり、コニャックだったり・・
今回はハンバーグといっしょに赤ワインで作りました。
日曜の朝ごはんにもぴったりなスープですね。


〈材料・ふたり分〉


オニオン 2コ半薄切り
ニンニク 1かけみじん切り
バゲット 2切れ
チ―ズ  (グリュイエールかピザ用チーズ?)
ローリエ 1枚
バター 大2
小麦粉 大1
塩(kosher salt)
こしょう


〈スープ〉


ビーフブイヨン&チキンブイヨン 2カップ
赤ワイン 大3(たぶん)
アップルサイダー 少々
塩(kosher salt)少々
こしょう 少々


1.バターでオニオン&ニンニクをじっくり炒める。(このとき塩をふる)
2.ローリエを入れて炒めて、そのあと小麦粉を加えてワインを入れる。
3.残りのスープの調味料を入れて煮る。
4.バゲットを焼く。
5.カップに3を入れ、バゲットの焦げた面を下にしてかぶせる。
6.チーズをトッピングしてオーブンで焼く。

 +フレンチ : comments(2)
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
about me
my book
categories
favorites
archives
RECENT COMMENT