a bit bite of new york



サンライズからはじまる毎日のサプライズ。

ちょっとしたことを、
ちゃんとしたものに。

そんな小さな出逢いをニューヨークよりお届けします。


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -
カップケーキと、人のキョリ。

あっという間にパンプキンがおみかけする季節になり、
セントラルパークの散歩も、夏とはまったく違うものに感じられたきのう。
友だちの友だちであるジュリアと会って、
The Plaza Hotel の Demel Cafe で取材+お茶べりしました。

オーストリアのカフェとあって、メニューにはドイツ語も書かれ、
まわりからもドイツ語が聞こえて、なんだかちょっとした旅気分。
店員もほとんどがオーストリア人というところも、
ニューヨークっぽいというか、本場な雰囲気が味わえた。

ここはジュリアがよくひとりでくるカフェらしいのだけれど、
よくみると、まわりにはリラックスしている女性たちがちらほら。
隣りのマダムもひとりでよくくるそうで、ジュリアと話しだしたら意気投合、
どれだけこのカフェを愛していて、どれだけ秘密にしたいか、などを話してました。

やっぱり、ニューヨーカーってほんとによくしゃべります。
はじめて会った人なのに、カフェの隣りに座ってた人なのに、
とても自然に会話がはずんで、お互いの生活のこと、自分たちの住む街のこととかを話してる。
そして帰りの地下鉄では、隣りのおじさんと話をしていたわたしも、
もうすっかりニューヨーカーなんですよね。

帰り際には、ジュリアが常連さんなので、
お店の人がわたしにもお持ち帰りカップケーキを!

人と人とのキョリが短く感じられる、ニューヨークの秋の訪れでした。

乙女デート : comments(5)
オーガニックなレコ屋カフェ


「週末散歩」をしに、ブルックリンの Green Point へいったら、
eat records」という素敵カフェをみっけ。


そこは、レコ屋とカフェが一緒になった可愛らしいオーガニック空間。
お水のグラスはジャムのガラス瓶、そしてライトはステンレスのざるを重ねづけ。
コーヒーも美味しいと思ったらいつも買ってる MUD Coffee だった。


久しぶりにダンナしゃんの vinyl digging(レコ狩り)してる姿を見ては懐かしみ、
こんどは本を持ってきてブランチしよね、と次回のお約束をして後にしました。


こういうカフェ、アストリアにも欲しい!とつくづくです。

乙女デート : comments(4)
おそろデートの夢‥‥。


ご近所フレンド Ritsukoさんとの乙女デート第2弾!はSOHOからスタート。ふたりしていっしょのカメラ(RICOHちゃん)をもって、久々にのんびりと Nolita & Lower Eastside をぐるぐるしました。わたしはとくに、Nolitaが好きです。自分の部屋にしたいくらい、店内のインテリアがシンプル&かわいいショップ「Lyell」に立ち寄って、Spring 2008のミニカタログをもらって、真っ白な空間にモダンシャンデリアが美しいイタリアンカフェ「caffe falai」でシトラス・タルトを堪能して……といったコースで大満足。途中、my カメラのRICOHちゃんの故障トラブルがありましたが、あまりにも恐ろしいのでそのままの状態でアドラマ行き(カメラ屋)が決定しました。(これはコビ太郎のしわざ=テーブルにあったRICOHちゃんにちょっかいをだして、そのままガタっと床に落としたのがこの日の早朝)Ritsukoさんとのキャッチアップ&アストリア情報交換もばっちりだったので、次回こそは、ふたり揃って元気なRICOHちゃんを連れて「おそろデート」したいです!

Lyell
173 Elizabeth St.
212-966-8484

Caffe Falai
265 Lafayette St.
212-274-8615

photo:RitsukoさんのRICOHちゃんをお借りしてパシリ。シトラス・タルトとミルフィーユ。これは、なんの花びらかしら?(聞けばよかった)
乙女デート : comments(12)
あっちでも、こっちでも。


友だちに友だちを紹介してもらって、初対面でいきなりおうちへお邪魔してしまったritsukoさん宅の豚汁ランチ。和食に赤ワインと、大人でした。お豆腐にのっている「紫蘇ミソ」はritsukoさんのお母さまが作られた絶品です。

それにしても、初対面といえども縁を感じるお方でした。なんと彼女のアパートは我が家から1ブロック先、徒歩3分以内の距離。そして日本の実家も文京区本郷1丁目と3丁目だけのちがい。ほんとうにびっくりしました。

ニューヨークでも日本でもここまでご近所さんだったのですから。ちなみにわたしの母が働くおでんや「こなから」もご存知でした。

近所のお友だちは、どこだって、いつだって、うれしいものですね。
乙女デート : comments(4)
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
about me
my book
categories
favorites
archives
RECENT COMMENT