a bit bite of new york



サンライズからはじまる毎日のサプライズ。

ちょっとしたことを、
ちゃんとしたものに。

そんな小さな出逢いをニューヨークよりお届けします。


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -
コビくんのいやがらせ。

こんな感じで日々邪魔をしてくるコビ太郎さん。
こちら、彼のあんよです。

誰よりも腹時計が正確な彼は、
ぴたっとお昼の12時になると、
わたしのパソコンのまわりで
こういうわざとらしいことをはじめます。

このあとは、大抵しっぽ作戦へと移り、
ちょうどよくキーボードの上にしっぽを置いて
ぱたぱたと振りまわし、デスクの上にはコビ毛が舞う。

きょうはなぜかわからないけれど、
いやがらせがいつもより激しく、
パソコンのまわりをぐるぐる歩き回り、
キーボードを踏みつけ、
仕舞いにはマックを噛んだ!

さらに、どでーんとその巨体を
キーボードの上に横たわせるんですから。
もうここで、お手上げ。

相変わらず、ナメられてるわたしです。トホホ。

kobeくんのネゴと : comments(2)
i like the big girl.

あっという間に、ニューヨークも春。

見上げれば青い空、緑の木々、
まっ赤な眩しい太陽と、
きょうはこんなに大きなイチゴを見っけ。
ひとりだけ、マンモスサイズで生まれてきてしまいました。

あまりにも窮屈そうにパッケージの中に詰められていて、
ふつうの子と一緒に並ぶと、まるでリンゴのようです。

すかさず甘い香りをかぎつけたコビさんも、
クンクンとマンモスイチゴちゃんのほうに迫ってゆくのでした。

今晩いただく彼女のお味がたのしみ。
そんな5月のはじまりです。

kobeくんのネゴと : comments(4)
日曜の朝にみたもの
堂々とはみでるコビさん。

ベッドには、あんよだけ。

もうひとつのベッドは、パパたんのカンフーパンツであった。

kobeくんのネゴと : comments(2)
コビの秋

なるほどねぇ。 


kobeくんのネゴと : comments(3)
オトコとオンナ

ただいまコビくんのガールフレンド、チャウチャウが我が家にホームステイ中です。
ここ数年で1年2回は会う仲になったふたりだけど、
再会のときのチャウチャウは相変わらずで、
うちに到着してコビに会う途端パニクってしまい、
唸りながら大きく口を開けて牙をみせてシャー!と威嚇、
そして猫パンチでコビをぽんぽんたたいて走り去る、といった感じの彼女。
その姿はまるでpms時の女子の八つ当たり攻撃みたい。はは。

はじめは「またやあの子。そんな怒らんでもええのになぁ」と
優しく見守る受け身系Mオトコのコビくんも、
2日もすると黙っていられないのか真逆のSに豹変して、
チャウチャウのおしりの匂いをかいだり、(失礼!)
ちょっかいだして追っかけまわしたりと立場も逆転。
あまりにコビがひつこいので、それに飽き飽きするチャウチャウは
そのうち大人なオトコ、つまりダンナしゃんに寄り添って
べった〜りと甘えはじめるのです!

このまえは、夜ベッドで仕事をするダンナしゃんの横で寝そべって、
く〜ねくねと体を動かして彼の気を引こうと
にゃんにゃんしているチャウチャウを目撃。
まさにわたしのスポットでにゃんにゃんなんて!
あんなチャウチャウをみたことがない!と、
こっちもなんだか悪いものをみてしまったような
気持ちになってしまった。はは。

コビくんもわたしの女子友だちが遊びにくると
スリスリしまくって甘えん坊になるし、
実家のメス猫くーちゃんも大好きなのはやっぱりパパ。
猫も異性が好きなのですね。

きのうからはお互いに慣れたのか、
ふたりでじゃれ合って、
匂いを嗅ぎ合ってちゅーして(写真のように)
仲良く同じ部屋で寝たりして、
どないやねーん!なコビくんとチャウチャウ。

オトコとオンナってのは、
猫でも人間でもおもしろいものです。


photo: コビさん長ーい!
 
kobeくんのネゴと : comments(6)
思春期のおしゃれ
 
男前!


kobeくんのネゴと : comments(4)
コビの影絵

よっこらしょっと。(なにげに鼻が高い。)


ん?またママたんか?

 
もー、昼寝の邪魔するなー!


kobeくんのネゴと : comments(4)
最近の彼。
 

小さなころはあの子もかわいかったのよねぇ、
なんてどこかのお母さんみたいなことを言いたくなることが
あるようなないような、最近はそんな日がつづいております。はは。

昔っから朝は誰よりも早起きのコビくん。
腹時計がだれよりも正確な彼は、どんなことをしてでも
パパたんではなく、ママたんを叩き起こすために日々努力を重ねています。

まずは、寝ているわたしの頬をモミモミと肉球マッサージ。
そのうち喉をぐるぐる鳴らして、
まるでヘリが旋回してるような音をだす。
それでも起き上がらないわたしに、
つぎは頭へぽんぽんと猫パンチをしてから
こんどは爪でわたしの髪をかきむしる。
そのチクチクさにぼんやりとしていた夢は覚めて、
わたしはよたよたとキッチンへ向かう。

そんなかわいいもんだったコビくんが、
最近はマッサージを抜きにいきなり爪で頬をスクラッチ、
わたしの胸を左から右へと踏み歩き、(イタイよ)
わたしがうぉっ!と唸る音をだすのを待っているご様子。
それでも起きないので、こんどはベッド近くにある
タンスの上からわたしの胸元にジャーンプ!
うおぉぉええっ。(嗚咽にちかい音でした。)
きっとそのときの彼の姿は、コーナーポストにのぼり上がって、
リングに横たわる相手に向かって飛び込む猪木のようなものだったんじゃないかと。
しかも胸にジャンプしたあと、わたしの激しい叫び声に彼はびっくりして
そこから、つまりわたしの胸の上で勢いつけて踏み込んで、
どこかへ走り去っていったのです。
しばらく呼吸が大変だった可哀想なわたし。。。

それ以来、胸元にジャンプしてくることはないけれど、(相当な叫び声だったのでしょう)
顔すれすれの枕元に勢いよく飛び込んできます。もはやプロレスラーキャットですね。

彼の肉球マッサージは大好きだったのにな。
これも母として乗り越えなければいけない試練なのかしら。トホホ。
って、さっさと起きればいいだけの話でもあるけど。

photo: 
毎朝、パパたんの出勤時間になると玄関に座っていってらっしゃいをする彼。
お利口さんですねぇ。ってわたし、ナメられてる?
kobeくんのネゴと : comments(0)
きょうも白眼の彼
 
あっかんべー。
kobeくんのネゴと : comments(0)
i will be a good boy, mama.

コビがみると、

チャウチャウがみる。

ごはんはいっしょだけど、

ねるときはひとり。

しばらく留守にするので、コビはお友だちの Jueweiのおうちにホームステイ中です。
去年もステイしたので、Jueweiの猫ちゃんである
ガールフレンドのチャウチャウとは1年振りの再会。

はじめはチャウチャウが、だれよ、あんた!という感じだったらしいのだけれど、
コビがひつこく、ね〜仲良くしようよ〜と彼女に近寄っていくので、
チャウチャウもようやくギブアップしてくれたみたい。
届いた写真をみる限り、今はなかよしのようでママたんもひと安心です。

せっかく自分のベッドをもっていったってのに、
コビがみつけたアジトは、Jueweiの洗濯バスケットだそう。(スケベ)
そんなことしたら、彼女が洗濯できないやんけ〜、といった感じだけど、
初日の夜は、寂しかったのかひとり夜泣きをしていたとのこと。(涙)

しばらく離ればなれになっちゃうけれど、
帰ってきたら洗濯バスケットを買ってあげるからね。
それまでは、チャウチャウと仲良くいい子にしてるのよ。

p.s. 
きょうのコビちんニュースによると、
コビさん、おしっこは自分のトイレで、
うんちはチャウチャウのトイレでしてるんだって!もぉー!

kobeくんのネゴと : comments(2)
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
about me
my book
categories
favorites
archives
RECENT COMMENT