a bit bite of new york



サンライズからはじまる毎日のサプライズ。

ちょっとしたことを、
ちゃんとしたものに。

そんな小さな出逢いをニューヨークよりお届けします。


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -
"smile for your life."


このまえの日曜、朝から気合いを入れて仕事しようと、
近所のカフェにクロワッサンとコーヒーを買いに行ったら、
異様にもせかせかする自分がいました。

バゲットある?え、ないの?
あ、クロワッサンもないみたいね、
え、あるの?
じゃあ、それとコーヒーを。
(早口で)

で、いくら?と声が出そうになったとき、
はっとして、自分に呆れてしまった。

マンハッタンにいると、街のリズムというものがあって、
せわしない喧噪の中で瞬く間に“瞬間”が過ぎてゆく。
もちろん街中に心のオアシスはいくつもあるのだけれど、
大抵コーヒーや食べ物のテイクアウトをするときは
いつもたくさんの人が並んでいて、
とにかく注文にせかされる。
いちいち小銭を出す人もいない。
みんなして齷齪して、がつがつしてる。

でも、その近所のカフェは、
芳ばしいコーヒーの香りとともに、
朝から気持ちよくジャズが奏でられる空間。
フランス語を話すアルジェリア人オーナーの
のんびりとしたたたずまいと笑顔が落ち着く、はずなのに。

そういえば、夏に仕事で知り合ったイタリア人がこんなことを言っていた。

ニューヨーカーは落ち着きがなくて、せっかちでイライラしてる。
まるで、イライラしていないといけないかのようだよ。

そんな話をそのイタリア人オーナーのお店の前のベンチで話していたら、
どうもベンチの横にずっと立っているなぁと思っていた
まさに落ち着きがなくて、せっかちでイライラしたニューヨーカーのおばちゃんが、
「あなたたち、すぐにどくかと思ったわ!」と、
いつまでもベンチに座っているわたしたちに
そう捨て台詞を残して去っていったのです。(!)

そこで彼が、そのおばちゃんの後ろ姿に向かって笑顔でさらり。

"smile for your life!"

イタリア語訛りの英語が、
よりぐっと心に響いて、
納得するものがありました。
ヨーロッパ人のこういう価値観、素敵だな。

仕事で忙しくとも、
街のリズムに飲み込まれようとも、
いつも心に留めておきたい言葉です。


愛ことば : comments(3)
make a wish.

“暗すぎて今までに見たことないくらい星が綺麗だよ。
仙台のみんな、上を向くんだ。”

prayforjapan.jp にある言葉です。
ここには、地震発生後 twitter でつぶやかれた
心に残る言葉が集められています。

きょうは、18年振りに月が地球に近づいて大きく見える日でした。
肉眼ではそこまでの違いはわからなかったけれど、
綺麗に光を放つお月様に願い事を。

いち早く、願いが叶いますように。


愛ことば : comments(0)
変わりゆくもの、変わらぬもの。


このところ、やはり大好きなニューヨークの秋ともあって、
ドラマチックな日々と勘違いしながら過ごしています。はは。

香港の友だちが遊びに来て、6年振りに再会。
バタついてた仕事の合間にできる限り会って、
めったに会えない感動をかみしめてた。
その間、ダンナしゃんのボスに
人生で最も高級な食事(お寿司)につれていってもらい、
とんでもない経験をしてまた新たに大人の世界を覗き見した。

as we get older, we get wiser, huh?

再会した香港人の彼女とよく言っていたのだけれど、
大人になると、少しずついろいろなことが
色濃くわかるようになっていって、
みえるものがどんどんと広がっていくからおもしろい。

美味しいものを食べたり、
人との出逢いが増えていったり。

今や大学の友だちもほとんど30代突入。
それぞれ抱えてるものも違く、
状況によっていろんな目線で暮らしていて、
あのころは想像もつかなかったようなことが起きている。
結婚した人、ママパパになった人、大物(?)になった人。

でも感性のアンテナのような、
どこかとても大切なものが通じ合っていて、
それこそアンテナが何本もあるような
自由な人たちとの関係は
もちろん30になった今も同じ。
変わりゆくものと変わらぬものが
ちょうどいいバランスで包みこまれてる。

バルセロナのピカソ美術館でみた
何パターンもあるラス・メニーナスの連作や、
同じガウディの柱でも
デザインが1本1本違うことに感動したように、
モノの見方が何通りもあって、
感性がどこまでも自由ってほんとに素敵。

大人になるって、たのしいなぁ。
先輩たちが言っていた「30代はたのしいよ」
ってのがゆっくりとわかってきてるのかも。

愛ことば : comments(4)
イロカのめざめ

インカじゃなくて、イロカのめざめ。
そんな感じの2010年、30の夏。

ただいまスペイン語をちびちびと習っていて、
そのラテンな陽気さに魅了されぞっこん中です。
まあ、暑さでトロけそうな脳ミソにシゲキを!ってことと、
W杯優勝でメロンメロンにされたのとではじめたワケだけど。

なのでつい近所のランドリーやパン屋さんとかで
ヒスパニック系の人をみつけてはhola!とかchao!とか
そんなレベルではしゃいでる迷惑なわたしです。

巻き舌もできないわたしが、
しかも高校時代に基礎を勉強済みの
アメリカ人生徒さんたちに比べたら
かなりの劣等生なわたしが、
なんの負い目もなく下手っぴなスペイン語を
先生とたのしく会話をしようとしている
この魔法的エネルギーはなんなのだろう?
これは今まで経験したことがないことであり、
スペイン語を話すわたしはとんでもなく幸せなのです!
(って単語を並べてるだけだけど。笑)

スペイン語では「H」を発音しないので、
若々しいコロンビアンギャル先生からは
「イロカ!」と呼ばれていて、
それもなぜかすっかりお気に入り。
日本語の色香なんてほど遠いわたしだけれど、
スペイン語のイロカはやたらとしっくりくる。

先日ブックオフでペイン語会話の本を買ったら、
こんなことが書かれてた。

「"Sapporrorramen"(=サッポロラーメン)と早口で
3ヶ月繰り返すと、巻き舌ができるようになります。」だって。

本を買って2週間。
いまのところ成果が現れてるのは、
このサッポロラーメンって言葉だけ。あはは。
3ヶ月後なんて、クラスは終了してるよ。

愛ことば : comments(5)
Think small.

無印のリトルニューヨークにつづいて、タイ料理のミニチュアをみっけ。
レストランのショーウィンドウに、とっても細かく丁寧に並べられていました。

ひとつをつかんだらすべてが壊れてしまいそうな
その小さな世界は、まさに「Think small.」の世界。

わたしは以前、VW(フォルクスワーゲン)の広告をつくる会社にいて、
その会社が60年代に生み出したコピーが、
VWビートルの広告「Think small.」でした。

当時のアメリカは、ボートのようなクジラのような大きな車が流行っていた時代。
そんな中、彼らは小さなビートルを売るために「小さいことが理想」という
ウィットとユーモアに富んだコピー(+ビジュアル)を考えだしたのです。
その広告は世を騒がせ「Think small.」は広告史に残る名コピーとなりました。
(のちに apple の「Think Different.」が生まれますね。)

とはいっても、やっぱりアメリカ人は大きなものが好きなようで、
この時代でもHUMMERとか、Range Roverとか、Acura MDXといった
デザインはちがくとも、巨大なクジラ車をここニューヨークではよくみかけます。

でも、ものごとを小さく考えたり、みてみたりすることは大切だな、と改めて。
みえなかったものがみえてくると、たのしさが膨らんでゆきますからね。

光の中でみるマクロとミクロのバランス。
人生は、温度調節がカギなのかしら。
愛ことば : comments(0)
透き通ってみえるもの。


ハロウィーンが過ぎ去り、紅葉も終わりごろを迎え、
オバマ氏が当選して、アメリカという国に新しい歴史が生まれた。


季節と歴史が変わったこの秋の末に、
まわりにも自分にもたくさんのことが起きて、いろんな思いが巡った。
ママになって忙しいコもいれば、三十路を迎えた人、結婚した人、恋に悩む乙女たち。
いろんなところで、いろんなことが起きていて、いろんな気持ちが交差している。


そしてわたしは、体の一部に異常が生じて痛みを感じていた。
生まれてはじめて手術ってものをした。この恐がりのわたしが。
もう大丈夫だけれど、このいろんなことが起きた1週間のお陰で、
今までみえなかったものがうっすらと透き通ってみえた感じがした。


それは日だまりや人影のようなもので、
心の隙間をうめたりつくったりする複雑な感情。
ぬくもり、おもいやり、せつなさ、やるせなさ。
みんながそれぞれ感じるこの微妙な気持ち。


そこでやっぱり、人生は「HOPE」なんだな、と思った。(そうです、オバマさんの)
人間とか、時代とか、めくるめく日々の流れの中で、忘れてはいけないもの。
それを信じていれば、あとは最後までとことん笑うだけ。


そんな隙間探しをするのもたまにはいいな、と思ったこの頃でした。

愛ことば : comments(6)
“いいじゃないか、家族なんだから!”


ジメっと、モワっとする空気と、サラリーマンの匂い。
そして大雨と雷がウェルカムしてくれた我が故郷、東京。


今回のフライトは・・・かなりのものだった。
出発した JFK で飛行機のエンジン故障発生、
ゲートで1時間半、機内で4時間(!!)待たされ、
やっと乗り継ぎ地点のミネソタ州・ミネアポリスに着いたと思えば、
もちろん成田行きの便はとっくに出発していて、そこで1泊ステイ。


ホテルはシェラトンやヒルトンと思いきやまさかの「デイズ・イン」だし、
高速道路のどまんなか、コンビニまでも10km ほど。
なーんもないところに、スーツケースもない(!)まま、
ピザを部屋までオーダーして、石けんで化粧を落としたのです。


そとは大雨、雷ごろごろ、殺風景で怖かった。
このまま忘れもしないミネアポリスの悪夢・・・で終わると思っていたら、
同じ状況の香港女子と韓国女子と出逢い、そこで3人の間に大きな絆がっ。


みんなで食事をとり、朝イチのシャトルで空港へ行って、(ホテルにはいたくなかったので)
韓国女子とはまず免税店の化粧品売り場へ向かって化粧直し。
一緒にmarc jacobs の新しい香水も体にかけたりして(2日間同じ服なので)、
なんだか修学旅行のような気分になったりして妙にたのしい想い出になった。
3人でコーヒーを飲みながらたっぷりおしゃべりもできたので

不思議な出逢いに感謝しました。


韓国女子は「韓国に来たら遊ぼ!」と連絡先を教えてくれたし、
香港女子はトウキョウ在住なので、帰国中に一杯やることにもなった。
悪夢のなかにも、日頃の行いがよいと明るい日差しが入るのかな、と思った帰途でした。


そんなこんなでやっとこさ帰国したわたしは、
家族を自分の時差ボケに巻き込んで、

さきほどパパママと一緒に午前2時の塩ら〜めんを食べたところ。
しかも、夏限定レモン・バジル風味ときた。

 ダンナしゃんのためにも買っておかないっと。


そしてパパから「これあげる」と言われてもらったものが、
「お父さんってしゃべるんだー!ストラップ2」のソフトバンクのパパワンコ。
そうなんです、パパは iPhone をゲットしていたのです。
それもママがパパの docomo 携帯を洗濯機で洗ってしまったために!
そんなことよりもなによりもパパは iPhone がうれしいようで、
わたしの住む Astoria のグーグルマップ衛生写真を見せてきてはご機嫌の様子。


そのパパワンコはなにをしゃべるのかとおなかを押してみると、
“いいじゃないか、家族なんだから!” だって。
ふふふ。これぞ、うちの家族のための言葉かもしれませんね。


ニューヨークの家族もとっても恋しいけれど、
しばらくはこのトウキョウの家族と、

ほっこり時間を過ごしまーす。



ps- みなさま、ノースウェスト航空にはくれぐれもご注意を!!
愛ことば : comments(9)
happy が生まれる日!


♪♪happy birthday フライデ〜, happy birthday フライデ〜!♪♪


金曜の朝になると、出がけに誰かが歌う歌であります。
その目の輝きといったら、夏休みを目の前にした終業式の小学生みたい。はは。


そしてきょうは、わたしの母の誕生日!
8月1日、射手座のわたしと同じく火の星座、獅子座の女です。
年を重ねるごとに若返ってるママ。いつまでも輝いていてほしい。


ほんとに "happy birthday フライデー" となったママの誕生日だった。
いまごろ、みんなで飲んでいるんだろな。



Night on the Planet
素敵な素材、お借りしました!

愛ことば : comments(6)
あのコからの春便り。
ほどほどに 色気もあって 才もあり
さりとて
つめたすぎもせず

そんなひとに 
会って みたいような 春の宵。


月に一度、小さなころの交換日記のように、
ポストカード文通をしているmogからのハガキにあった言葉です。

mogは、小学校の同級生。
おっぱいが大きくなりはじめた幼きころ、
お互いのを触り合ってはケラケラと笑っていた仲。
毎朝、彼女の家まで迎えにいくたびに、
2階でぐずぐずしているmogを居間に座って待ちつづけ、
結局ふたり揃って遅刻の日々を過ごしていた仲。

もちろん、昔があっての今だけれど、
オトナになったこういう関係もいいよね。
愛ことば : comments(2)
Women。
先日、仕事で矢野顕子さんのコンサートへいってきました。
才能はもちろん、カノジョのもつパワーが気持ちよかった。

「ラーメンたべたい」は出ませんでしたけど、
沖縄民謡「ちんさぐぬ花」はスリルさえ感じました。

わたしのまわりにも50代パワフルウーマン、たっくさんいます。
きっとそのようなオバさんになるだろう予備軍も、たっくさんいます。

ちょうどきのう、大好きな叔母からメイルが来ていて、
最後のラインには、こう綴られていました。

「自由で柔らかく、そして強い女にみんなでなろうネ!」

自由で、
柔らかく、
強いオンナ。

この言葉、
ほんとうに叔母そのものな気がします。

ウチのだんなしゃんもよく口にするけれど、
わたしもほんとうにそう感じる。

「女って、強いよなぁ」
愛ことば : comments(3)
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
about me
my book
categories
favorites
archives
RECENT COMMENT