a bit bite of new york



サンライズからはじまる毎日のサプライズ。

ちょっとしたことを、
ちゃんとしたものに。

そんな小さな出逢いをニューヨークよりお届けします。


<< happy holidays! main 食べっぱなしの日々 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -
30歳になって、はじめての夜。
 

30歳の誕生日を数日後にひかえた週末のひっそりとした夜、
キッチンの窓を開けたら、すーっと冷たい風が入ってきた。
すると、その風とともに真っ白な雪もさらさらと目の前に落ちてきて、
外には大粒の雪がニューヨークを包み込むように、舞っていました。

今年も1年前と同じように、お約束のホワイトバースデー。

外を歩いていると肌は痛いし、体が芯から冷えているのがわかって辛い。
いつもは人で溢れているブルックリンのパークスロープも、
その日の夜は寒さとともに孤独で、灯が消えたように寂しかった。

あまりの寒さで目的地までの距離がやたらと遠く感じる中、
シェフのお友だちに教えてもらったイタリアンレストランです。
ドアを開けて、そのまた向こうにある大きなカーテンをくぐると、
店内には、ぽつりぽつりと蛍の光のように輝くキャンドルライトがみえて、
それをみたら途端に寒さがほぐれていって、
わたしは真っ先にいちばん奥にある角テーブルへと向かいました。

いつもよりも遥かに大きなワイングラスをゆらゆらさせて、
気持ちのほうもその甘い空間にどんどんと吸い込まれていって食べたものは、
ケイパー、アンチョビ、パルメジャーノ・レジャーノがのっている牛肉カルパッチョ、
イスラエルアーティチョーク、カブ、セロリなどの
しゃきしゃき野菜が入っているホワイトサラダ、
ラム肉のラグソースパスタに、ボンゴレ・ビアンコ。
デザートは、キャンドルつきのピスタチオ入りアプリコットタルト。

どれもこれも、口に入れた瞬間に口の中でとろけてゆく美味しさがあって、
その一期一会の瞬間と空間を完璧に演出してくれました。

これからの1年も、たくさんの美味しいものに出逢えますように。
と願いながら、さくさくとまた雪の上を歩いた30はじめての夜。

と書いてるきょうは、しとしととずっと雨。
あしたにはもう、あの雪が溶けてるんだろな。


食べたよ : comments(2)
スポンサーサイト
- : -
comment
piroちゃんお誕生日おめでとうー!
ステキなバースディだったのね!よかったわ〜
ホワイトバースディだなんてダブルでステキだね

ことしもあと少し。

来年もステキな年になりますように*

ビバ30!


| mog30 | 2009/12/29 4:33 PM |
mogりん、ありがとー。

ホワイトバースデーは、
お約束になってきたよ。

そして今夜あたりにまた降るそうで、
ニューヨークはホワイトニューイヤーになりそうです。

今年もありがと。30、たのしもうね!
| pirocat | 2009/12/30 11:38 PM |
comment









Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
about me
my book
categories
favorites
archives
RECENT COMMENT