a bit bite of new york



サンライズからはじまる毎日のサプライズ。

ちょっとしたことを、
ちゃんとしたものに。

そんな小さな出逢いをニューヨークよりお届けします。


<< 恋するバルセロナ main autumn in new york >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -
「フード・ポルノ」ツアー


アメリカで有名な元シェフで、
今は世界中を旅しながら美味しいものを食べるという
素敵なテレビ番組をもっている Anthony Boudain氏が、
バルセロナに行ったときのエピソードでこう言っていた。

"Food porn in Spain is so hard-core, so smokin' hot."
「スペインのフード・ポルノは、かなりハードコアでとてもセクシーだ」と。

それを試すべく今回はバルセロナでフード・ポルノ・ツアーを決行!
色気むんむんのタパスをcava=スペインのシャンパンとともに満喫して、
夜な夜な気分よくタパスバルをまわってました。
バルセロナは、ほんとうにニクい街です。

まずはここ、Quimet & Quimetから。
とっても小さなタパスバルなのだけれど、
見渡す限りの壁にはワイン、ウィスキー、缶詰でぎっしり。
酒好きはたまらないバルだと思います。
(わたしの父とダンナしゃんが一緒に来たら大変!)

そしてタパスのほうも最高級のお味。
今までなにかを食べて涙がでてしまったことも、
それを慌てて抑えようとしたこともなかったけれど、
ここではそんなことが初めてほんとに起きてしまったほど。
それがQuimet & Quimetだったのです。

バルのカウンターで立ち食い立ち飲みをして感動していたら、
隣りのバルサカップルの彼のほうから
「これはおいしいよ、これも試してみて!」と
いろいろとオススメタパスを教えてくれました。

そのあとは、
どこから来たんだい?
日本だよ。
スペイン人はこんなものが普段から食べられて幸せだね!
でもキミたちだってスシがあるじゃない!
そうだね、そうだね、、、とお酒とタパスをかこっておしゃべり。

そういう人とのふれあいが旅の中でいちばん好きです。

Quimet & Quimetにあるものは、
すべてコールドディッシュ、つまり冷菜、缶詰フード。
缶詰のものを特製ソースやオイルなどでマリネしたり、
お皿に盛りつけたあと上からまわしかけたり。
スペインは缶詰のモノがとてもいいのだけれど、
たぶんそのあとのひと工夫にこだわりをもっているようです。

スパニッシュ・グリーン・オリーブにアンチョビ、
みじん切りのピクルス&黒オリーブ、
ロースト・レッドペッパー(赤パプリカ)、
サンドライトマトに酢漬けオニオン、
Bacalla=塩漬けタラにサーモン、
ビーフハムにあさり。

すべてわたし好みのしょっぱいもの!
すべてお酒に合うもの!

口に入れて涙がでるほどだなんて、
そりゃぁ忘れられないフード・ポルノでした。


たびたび、旅。 : comments(2)
スポンサーサイト
- : -
comment
FOOD PORNO!!!!
涙が出ちゃうポルノツアーなんて、最高〜〜〜

この間、角田光代がバスク地方を「食べる」をテーマに旅する番組があって
出てきたピンチョスがすごくおいしそうでした。

旅した後、角田光代が一編の物語を作るんですけど、それもすごく素敵で。
「結婚する、家族であるということは、相手の腹具合(お腹のすき具合)
を気にすることだ」という主題から、話が展開されるんですが。

食べたもので人はできますから、美味しいものを食べて、素敵な人生を歩みたいですよね〜
| waka | 2010/10/30 9:55 AM |
wakachan

バスク地方のタパスってすーっごくおいしいみたいだよ!

スペインってほんとにグルメな国だなぁ。。
あんなにカジュアルな雰囲気で
あれだけおいしいんだもん。。とまた思い出してる!

角田さんのその主題、素敵だね。
キューピーの「愛は食卓から」も大好き!
| pirocat | 2010/11/03 12:02 PM |
comment









Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
about me
my book
categories
favorites
archives
RECENT COMMENT