a bit bite of new york



サンライズからはじまる毎日のサプライズ。

ちょっとしたことを、
ちゃんとしたものに。

そんな小さな出逢いをニューヨークよりお届けします。


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -
この日の空

Micheal Jackson の悲しいニュースがテレビで繰り返し流れている中、
ふと外をみたら、なんとも不思議で奇跡的ともいえるほどミステリアスな空をみた。

薄暗くもあるのに、明るくオレンジ色にも染まっているその空には、
水滴のようなシャボン玉のような膨らみをみせた小さな雲が広がっていた。

まるで、繊細な線香花火の先っちょがぷるぷる震えて今にも落ちそうな絵。

わたしの写真では肉眼でみるほどの勢いが伝わらなくてはがゆいけれど、
それは息をのむほどに美しく、気味悪く、奇妙で神秘的だった。

こんな空や雲をみたことは、今までの人生で一度もないし、
タイミング的にもゾクっとドキっとする瞬間だった。

きっと、世界中のM.J.ファンの涙だったのかな。
新しい空の記憶として、心に残しておこうと思います。

Rest in Peace, Michael Jackson.
なんかの日 : comments(4)
ヨッパ(ライ)記念日


きのうはわたしたちの入籍日で、4月8日=ヨッパ(ライ)の日でした。
入籍した日に、結婚式した日・・・どっちが結婚記念日だ?
と自分たちでもよくわからないのだけれど、とにかくおめでたいのでお祝いを。


実をいうとこの日は、東京にいるノリコ&カズ夫婦、
そしてフジ&ブッちゃん夫婦にとっても入籍日なのです!
ノリコとフジとは13歳からの親友で、同じ中高でルーズソックス時代を過ごした仲。
大の仲良し女子みんなでなぜか同じ日に入籍!しかも偶然たまたまです。(すごい!)


わたしとダンナしゃんの場合は、結婚式前に一度両家で会ったほうがよい、
とのことで、上野公園内にある韻松亭でプチ結納をしたのが桜散る2年前の春。
そのときわたしたちは、ニューヨーク&東京間で大遠距離恋愛をしていました。
急遽ニューヨークから帰国したダンナしゃんと、急遽「日本で入籍せねば!」となり、
彼がニューヨークへ戻る日、つまり成田へいく前に文京区役所へ立ち寄って、
仏滅だったのにも関わらず、バタバタ入籍した日が4月8日だったのです。はは。


そこで1年前のノリコの結婚式と同じ日だ!と気づき、(彼らは結婚式当日に婚姻届を提出)
わたしたちの1年後には、国際結婚だったフジが書類の関係でまったく偶然にも同じ日に入籍。


こんなことってあるんだー!とみんなで偉く感動しました。
いつかこの日にみんなでヨッパらいたいものです。

なんかの日 : comments(6)
マンハッタンに日の丸


きのう一夜だけの「日の丸エンパイア」。とーってもキレイだった!


記念日にまつわるカラーが街のシンボルに写し出されるのは、
ものすごくロマンティックなことだと思います。
とくにエンパイアはどんなところから見ても奇麗だし、
ニューヨークという街とニューヨーカーという人々と一体化している。
こっちに住む日本人として、エンパイヤーに映し出される

日の丸カラーを眺めるということはとても特別なものでした。


とにもかくにも、イチローさまさま。おつかれさま。

試合中、こちらの実況アナウンサーは、
ダルの球を「nastiest slider」と呼んでいました。
え? nasty?(=エロ,イジワル)と思ったら、
最高に素晴らしく扱いにくいスライダーという意味合い。はは。
ダルさまだけに、そういう表現はよりかっこいい。


今年は気分変えて Red Sox を応援しちゃおっかしら?
なーんて、そんなスパイ行為はニューヨーカーとしてできっこない?


サッカーもいいけど、野球もいいね!

なんかの日 : comments(3)
b'day boy.


きのう、いとこのタイキがわたしに追いついて29歳になった!ので、
アストリアのお気に入りレストラン Mundo Cafe でお祝いをした。


お互い20代のはしっこを片手でぶら下がってるようなニク歳だけど、
きっとこのトシでしか感じられないキモチってのもあるよねー、
なんて31歳のダンナしゃんを前に3人で食っちゃベっていました。


途中、トイレに行きがてらタイキのためのバースデーケーキを
サプライズで用意してもらおうとお店のスタッフに声をかけると、
「どっちの子よぅ?」とニヤリしてきたのは明らかにゲイの彼。
つづけて「あなたの前に座ってる子?(ニヤリ)それとも?(ニヤリ)」と、
なんともパーソナルにご興味があるかのように聞いてきたのです。


そして、店内中に響き渡るバースデーミュージックとともにその彼とケーキが登場して、
彼から色気たっぷりの「happy birthday!」と5秒間!の凝視をもらったタイキくん。
今にも喰われそうで、それを見ていたこっちまでこっぱずかしくなってしまいました。


まぁ何ごともなく無事でよかったよかった。もちろん、ウチのダンナしゃんもね。ふふ。

なんかの日 : comments(0)
happy 31 : )


ダンナしゃんがサーティーワンを迎えました。
その記念にというのもなんだけれど、
アイスクリ―ムを食べに「Baskin Robbins 31」へ。はは。


わたしにとってのサーティーワンといえば、ミントチョコです。
幼き頃、わたしはよく父親に連れられサーティーワンへ行きました。

実は彼、そこではミントチョコしか食べないパパだったのです。
当然わたしに食べ与えるアイスももちろんミントチョコ。
なのでわたしもサーティーワンではミントチョコしか食べない人となってしまっています。


とはいっても、サーティーワンでのミントチョコ祝いはほんのおまけ。
誕生日の夜はきちんとフレンチメキシカンでのディナーをして、
バースデーケーキには映画「you've got mail」で有名な Cafe Lalo で、
砂糖ぎっしりのクリームブリュレをたっぷりといただいたのでした。


男31歳、勝負はこれから。がんばれーい。

なんかの日 : comments(7)
日本の美しい結婚式



大切な大切な友だちフジの結婚式。
日本が誇る明治記念館で行われました!


お相手は笑顔の絶えないカンボジア人のブッティくん。
長い間わたしも仲良くしてもらっている大好きなカップルです。
華やかなカンボジア民族衣装に身を包んだ親族の方々に混ざって、
親族のみの挙式にまで出席させてもらったわたしたち同級生組。
不思議と心が落ち着いて、和みある神前式でした。


そして、日本一美しい緑の庭園を横目に披露宴!
それはそれはステキで美しく、お料理も美味しく、
会場にいるだけで、胸いっぱい&涙もいっぱいに。
自分の結婚式も伝統あるタイ式ヴィラでやったけれど、
やはり古風で歴史ある空間は、心が清らかになります。


実をいうと、当日式場に着く途中わたしのドレスが台無しになってしまった、
という涙のドタバタ事件もありまして、(またおドジをやってしまった。。。)
朝から夜の2次会まで、色んな涙を流しっぱなしのイチニチだったけれど、
中学からの親友ひとりがステキな人と結ばれて、
晴れて国際結婚を迎えられた喜びは人生の宝物。
心の記憶箱にひっそりと仕舞い込んだ、忘れられない結婚式でした。

なんかの日 : comments(4)
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
about me
my book
categories
favorites
archives
RECENT COMMENT